都度払いで安く

都度払いを採用しているサロンに通う方法もあります。現金一括払いと比べると、一度に出て行く金額を安くすることが可能です。1回分の料金をその都度支払うだけで良いため、最初に全回数分を支払うより一度に出て行く金額が低くなります。

光脱毛による全身脱毛の施術を受けられるサロンには回数分のチケットを先払いで購入し、1回の処理のたびにチケット1枚を消費する支払方法を採用しているところは多いです。なかにはこのチケットに期限を設けているところが少なくありませんが、都度払いの場合には期限が設けられていません。また、回数が決まっているコースやチケットは全回数未消化のままの全身脱毛が完了し、残り回数分のお金を損したり、逆に回数が足りずに追加料金が発生したりすることがありますが、都度払いはこうした問題も起こらないです。

上記のようなメリットがある都度払いですが、デメリットもあります。それは、1回あたりの費用負担が、月額定額制のひと月あたりの料金相場に比べて割高であるということです。月額定額制は月々10,000円未満のサロンも多いなかで、都度払いは1回あたり30,000円前後~に設定されています。高いところだと1回あたり80,000円前後の費用がかかります。

分割払いで安く

現金一括払いが厳しい人の選択肢の一つとして、分割払いに対応しているサロンで、全身脱毛の施術を受ける方法があります。契約回数分の総額を月額で割った金額を、毎月支払っていくことになります。現状で、全身脱毛でかかる総額の支払いが不可能な人や、お金は足りているけれど、まとまったお金が出て行くと欲しいものが買えなくなる、貯金が減って不安になるという人におすすめです。

ただし、分割払いには一度にまとまったお金が出て行くことがないというメリットがあるものの、デメリットといえるような点もあります。まず、ローンを契約すると金利が発生します。返済では、元金に利息分を足した金額を支払っていくことになるため、完済時には現金一括払いを選択した場合より、高額な費用がかかっていることになります。

このほか、ローン契約は誰でも交わすことができるわけではありません。審査が行われる形になるため、収入が少ない、他のローンの返済がうまくいっていないといった問題があると、貸付が行なわれない場合があります。こうしたローン契約のデメリットを受け入れることができない人は、金利が発生することなく審査もない、月額定額制を採用しているサロンを候補にしたほうがよいでしょう。

月額定額制で安く

現金一括払いで、光脱毛による全身脱毛の施術を受けるのが困難な人は、月額定額制を採用しているサロンを候補にしてみてはいかがでしょうか。毎月○円という形で決まった金額を支払っていく仕組みで、安い脱毛サロンは月々10,000円以下の低料金におさえられています。月額定額制のメリットは、現金一括払いとは違い、一度に出て行く金額が安いということです。毎月のお小遣いで全身脱毛の施術を受けることができます。

一方、月額定額制のデメリットは、サロンに行っていない月があったとしても月額料金が発生するところが多いことです。1回処理したパーツは2~3ヶ月おいて処理することになるため、1回も処理するところがない月が出てくることがあります。回数が多くなる、通い続ける期間が長くなるほど、費用負担は増してしまいます。

このデメリットを回避したい人は、全身脱毛の全回数の総額を月額で割る形での月額定額制のサロンを候補にする手があります。前述した仕組みのサロンと比べると、回数が決まっているため、通い続ける期間が長くなるほど費用負担が増すということがありません。ただし、途中での契約解除では手数料が発生することがあり、契約した回数で納得のいく仕上がりになるか分からないというデメリットはあります。